何故若者のED患者が急増しているのか?

EDのイメージといえば高齢者や加齢というものが挙がると思います。
実際に加齢による原因は現在でも存在していますが、近年では20代や30代の若者のED患者の人数が増加しています。
何故現代の若者はEDになってしまうのか、原因は複数存在します。

まず、仕事などでのストレスが原因になっていることが挙げられます。
現代では人と繋がる事ができるメディアが非常に増えてきました。
日常生活でもある程度の人数とやり取りをする中、インターネットの普及によりSNSなどで簡単に人と触れ合うことができます。
世の中には様々な人がいるので、それにより想像もしないような刺激を受ける可能性もあります。

近年ではストレスに対する触れ込みが非常に多いのも原因の一つと考えられます。
本来であれば些細な問題でそこまで気にする必要がある問題ではないものを、わざわざ大袈裟に取り上げることにより最終的にストレスに弱い人間が出来上がってしまう可能性があります。
情報化社会が進んでいて、情報を見る機会が格段に増えているのもこれを増長させる一環だと思われます。

これにより弱ってしまった人間は承認欲求や高まったり、逆に期待が高すぎるなど不安定な存在になってしまいます。
EDの原因の一つに挙げられる心因性のストレスについて、スムーズな改善を行うことは非常に困難です。
辛いと感じた時は辛いと言えることが大事であると同時に、自分自身を強く保っていられるように精神面を強くすることも必要になるかもしれません。
特に現代の若者は事実を重く受け止めるという傾向にあり逆に症状を悪化してしまいます。
あまり深く考えずに自信をもっていることが、正常な状態に早く復帰するコツかもしれません。