世界で2番目のED治療薬レビトラ

日本で2番目に承認されたED治療薬がレビトラです。
レビトラは2003年にドイツのバイエル社から発売されて、その翌年に日本で正式に認可されました。
レビトラにはフランス語で男性の生命という意味が込められていて、パッケージの火はマッチを表しています。
マッチはすぐに着火することができることから、レビトラには即効性があるということを表現しています。

ED治療薬といえば食事の影響を受けやすく、タイミングを考えなければならないという短所がありました。
これを解決したのがレビトラになります。
レビトラは食事の影響を受けにくく、一般的な食事ならば効果に影響はありません。
栄養学に定義されている成人男性の1回分の食事であり、約700kcalとされています。
また、脂肪の割合が3割までという制限がありますが、例えば大手牛丼チェーン店の並盛辺りが水準になります。
この条件以内の食事であればレビトラは食事の影響を受けません。
なので、レビトラはバイアグラの欠点を解消するために開発されたED治療薬であると言えます。

レビトラが即効性があると呼ばれている理由は、レビトラに含まれている有効成分に秘密があります。
レビトラの有効成分はバルデナフィルと呼ばれるもので、水に溶けやすい性質を持っています。
バルデナフィルは約30分で効果が現れるとされていて、これは他のED治療薬にはない特徴の一つです。
バルデナフィルにも酵素の働きを阻害する役割があるので、EDの症状を改善することができます。

レビトラは性行為前の30分から1時間前に服用することをお勧めします。
服用の際はお水で飲んでください。
間違ってもグレープフルーツと一緒に服用するのは止めてください。
グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれていて、薬の吸収率を高める効果があります。
これにより想定外の副作用が発生する可能性もあるので、十分な注意が必要です。