シアリスのジェネリック版であるメガリスとは?

メガリスはED治療薬であるシアリスのジェネリック版です。
インドにあるマクレオーズ社が製造販売しています。
メガリスには10mgと20mgが存在して、普段よりも性行為の満足度を上げたい場合はメガリスの10mgを、ED治療を目的とした場合は20mgを選ぶことをオススメします。

メガリスの有効成分はシアリスと同じタダラフィルなので、効果の持続時間も最大36時間と非常に長くなっています。
また、メガリスはジェネリック版ということもあり、シアリスよりも安価で購入することが可能です。
とても安く購入できるのにシアリスと同程度の効果が期待できることもあり、世界各国から高い人気を集めています。
しかし、メガリスはインド以外の国では正式に認可されていません。
シアリスのジェネリックという位置づけもインドの特殊な特許法によるものなので、日本への公式なルートで輸出されることはありません。
なのでメガリスを購入するには直接インドに行くか、インターネットで購入するしかありません。

インターネットに流通しているED治療薬の半分が偽物という報告が製薬会社から出ている中、インターネットでED治療薬を購入するのは不安でしかありません。
実際にED治療薬の偽造品を服用したことによる死亡例も出ています。
しっかりとした下調べの元、購入する必要があります。

メガリスは性行為の30分から1時間前に服用するのが理想的です。
よくED治療薬を服用すると否が応でも勃起すると想像している人もいるかもしれませんが問題ありません。
勃起の仕組みは性的な興奮を経て行われるので、性行為のパートナーとの接触などで性的な刺激を得る必要があります。

メガリスには頭痛や鼻づまりなどの副作用があり、これは血管の拡張により引き起こされる症状だとされています。
副作用の症状は人によって異なりますので、あまりにもひどい場合は服用を止めて近くの無いかやED治療専門のクリニックで診察してもらいましょう。