EDとは勃起不全のことで、性的な刺激の伝達が上手くいかない状態や、陰茎への血液の流入が不十分な状態のことを指します。
EDには男性によって様々な原因が考えられます。
EDの原因として今までよく挙げられたのが加齢でしたが、近年では加齢以外の原因が挙がってくる事が多くなりました。
知らない内にストレスを溜めていたり、食生活の乱れ、自動車通勤などによる運動不足、喫煙など多くの原因が挙げられています。
また、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病にかかっている方はEDのリスクが更に高くなっています。

正常な勃起の仕組みは、性的な刺激が脳から信号が発信されて神経を通って陰茎に伝わり、動脈が大きく広がり血液が流入することで発生します。
もし血管に動脈硬化などの障害がある場合、動脈が広がらず十分な血液が流入せず勃起が発生しなかったり、勃起が十分ではないという状態になります。
生活習慣病にかかった場合にEDのリスクが高まるのはこれが原因です。

誰にでも起こりえて最も多いEDの原因が、現実心因EDです。
例えば好きな相手に貶されてしまった場合など、その様な言葉や行動に敏感になってしまい、その衝撃でEDになってしまいます。
結婚生活で奥さんと上手くいかないケースや、日々の疲れや金銭的なストレスなど、自力で検討が付いても改善しにくいことが更に症状を悪化させていきます。
この場合は、医師の診断や薬で治療ができます。

また、幼少期の頃の体験やトラウマなどの過去の経験が原因で心の奥深くに原因がある場合があります。
真相心因と呼ばれていて、こちらは自力で気づくことがなかなか難しく、治療にも時間を要してしまいます。

加齢や生活習慣病によるEDについて

加齢による原因というのもやはり少なくはありません。
男性は歳を取るとEDの症状が現れることが多いですが、これは加齢により血管や神経に様々な障害が発生するためです。
動脈硬化による血管障害はその原因の一つです。
加齢によるEDはなかなか避けられないものですが、勃起機能を維持する手段はあります。
日常生活でEDの原因になり得るものを予防して、生活習慣や嗜好品などについて見つめ直すことが大切です。
どんなに歳を取っても健康であればEDの改善を行うことが可能です。

糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が原因になるEDは、血管や神経に障害が発生しています。
動脈硬化が進むとEDのリスクが高くなります。
喫煙や飲酒もEDの原因になり、生活習慣病は様々な病気のリスクと密接に関わっているので、体調の悪化が気になる方は意識改善が大事になります。

ED治療薬を使ってEDを改善しよう!

EDの原因は人によって様々なケースが想像されますが、ED治療薬を利用することによって心因性のEDや生活習慣によるEDの改善の効果が得ることができます。
ED治療薬には効果が現れる時間の長さなどに差があるので、服用するタイミングと用法容量を守ることが大切です。
即効性があるタイプのED治療薬は、服用してから30分から1時間ほどで効果が現れ始めて、個人差がありますが約5時間から6時間ほど効果が持続することがあります。
なので、初めてED治療薬を服用する人でも効果を体感しやすいはずです。

効果の持続が長いタイプのED治療薬は、性行為の2時間以上前に服用することが大事になります。
1回の服用で24時間から36時間ほど効果が持続して、例えば金曜日の夕方に服用した場合、日曜日の午前中まで効果が持続します。
この特徴から効果が長いED治療薬はウィークエンドピルとも呼ばれることがあります。

ED治療薬の特徴として、食事との相性が良くないというものが挙げられます。
空腹の状態で服用するか、食後から2時間以上の間隔を空けてから服用しないと、効果が薄まってしまいます。
また、アルコール類とも相性があまり良くないので、少量のアルコールには血管拡張効果やリラックス効果がありますが、それ以上飲みすぎてしまうとアルコールが原因でEDの症状が加速してしまいます。

ED治療薬の仕組みは、男性が性的な刺激や興奮を受けると神経伝達物質が送られて環状グアノシン一リン酸が生成されます。
生成された環状グアノシン一リン酸は陰茎の海綿体に繋がる血管を拡張して、血液を送り込みます。
血液が流入されたら海綿体はスポンジ状に血液を吸収して膨張していき勃起状態になります。

環状グアノシン一リン酸はPDE-5と呼ばれる酵素に破壊されてしまい、勃起状態から弛緩状態になってしまいます。
そのPDE-5の作用を妨害する作用を持っているので、PDE-5阻害薬と呼ばれることもあります。

ED治療薬は病院で医師から診断を受けて処方されることで入手することができますが、それより安価で購入する方法が通販による購入です。
こちらの方が安く買えたり通院する手間が無い分お手軽ですが、自分の身体に合わないケースがあったり偽造品を掴まされる可能性もあります。
病院での診断を受けることによりED治療薬と自身が適合したものが見つかる可能性が高いので、一度病院へ足を運んでみることをオススメします。